gmo wimaxの契約を申し込みするまえに最低限やっておくべき3つのこと

GMOとくとくBB WiMAXの評判が悪いけど契約しても問題ないのか

GMOとくとくBBのWiMAX2+プランの申し込みをするまえに

GMOとくとくBBは何かと評判が悪いのはGMOとくとくBBの評判が悪いのは本当?で書いておきましたが、それでもGMOとくとくBBの契約プランは決して悪いものではありません。なんと言っても料金プランを比較すればわかりますがWiMAXのキャンペーンプランのなかでは常に最新の端末を安く契約ができるようにしてあります。

契約をすませてキャッシュバックを受け取ることができれば、WiMAX2+の契約によけいなコストをかけずに2年間は利用することができます。

問題はキャッシュバックの受取だったり、解約の手間だったり、問題があるので、契約するときには面倒ですけど以下の3つを行うようにしてください。

1.過去にGMOとくとくBBと契約をしていなかったか確認する

これはすぐに分かると思いますが、過去にGMOとくとくBBのサービスを利用していなかったか確認してください。GMOとくとくBBは過去にキャンペーンを適用して会員になったことがある人にはキャンペーンを適用してくれません。ですから、過去にキャンペーンを受けて、一度退会。再度契約をしたときにはキャンペーンやキャッシュバックを受け取ることができずに、通常契約となります。もし過去に契約したことがなければ問題ありません。

2.キャンペーンページのキャプチャを撮っておく

GMOとくとくBBは他のプロバイダーと同じように契約すると契約書類が郵送されてきます。契約書類ですから、今回の契約に関する内容やキャッシュバック額などが書かれていそうですが、なんとGMOとくとくBBの契約書内にはキャッシュバック額などのキャンペーン内容が記入されていません。

キャンペーンは毎月のように変更になるために、自分がいくらのキャッシュバックで契約したのかが分からなくなりかねません。一応、キャンペーンページのキャプチャを撮っておくようにしましょう。

Windowsを利用していてキャプチャの方法がわからない方は画面の取り込みを行う (PrintScreen) - Windows ヘルプを参考にしてください。簡単にできますから。

3.入会してすぐにメール転送設定をする

最後にGMOとくとくBB最大の難所であるキャッシュバックの受取をより確実なものにするために、入会後にすぐにメールの転送設定をします。

GMOキャンペーンページにキャッシュバックの注意点として以下の記載があります。

キャッシュバック特典は、端末お受け取り月を含む11か月目に基本メールアドレス宛に「ご指定口座確認通知メール」を送信し、ご返信があった翌月最終営業日にご指定の口座に振り込みます。基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。キャッシュバックのお受け取りに関しては「ご指定口座確認通知メール」をご確認ください。

このようにキャッシュバックの案内はGMOとくとくBB入会時に作られる専用メールアドレスに送られてきます。そんなメールアドレスがあることすら知らない人もいると思います。ですから、まずは入会後、入会書が届いたら、会員専用ページにアクセスしてメールの転送設定をすませてください。これは簡単にできます。普段利用するメールアドレスに転送させることで、キャッシュバックの受け取り漏れを防ぐことができます。

この3つを確認しておけばなんとかなると思います。この作業についてハードルが高いと感じたら、GMOとの契約はやめたほうがいいです。もっと無難なプロバイダはたくさんありますから。

これくらいの手間くらい、なんてこと無い方は、激安でWiMAX2+を利用できます。おめでとうございます。